ファイターズが王手

広島東洋カープと北海道日本ハムファイターズで争われている今年の日本シリーズ、最初の2戦こそファイターズが落としてしまいましたが場所を札幌ドームに移した第3戦以降ファイターズが3連勝、遂にファイターズが日本一に王手をかけました。
ファイターズ加藤、カープジョンソン両投手の先発で迎えた第5戦、初回から好投を続けるジョンソンに対しファイターズの加藤は2回1死満塁のピンチを背負ったところで降板、しかし2番手で登板したメンドーサが1点こそ失ったもののこのピンチをしのぎ、その後も7回まで1安打の好投を見せます。
対するジョンソンは再三ランナーを背負うものの要所をおさえる好投を見せて6回まで無失点が好投を見せました。
1点を追いかける7回、ファイターズはランナーを3塁まで進めて、岡が2番手の今村からセンターへ浅めのセンターフライ、しかし3塁ランナーの田中がホームへ好走塁を見せてファイターズが同点に追い付きました。
リリーフが好投し同点で迎えた9回裏にドラマが待っていました。
カープの抑え投手、中崎を攻めて2アウト満塁のチャンス、バッターは2番の西川、中崎が西川に投じた2球目を西川がフルスイングするとボールはライトスタンドへ、何と日本シリーズ史上2度目となるサヨナラ満塁ホームランで試合終了、劇的な形でファイターズが王手をかけ、日本一をかけた一戦を広島で迎える事となりました。
ファイターズにとっては10年ぶりの日本一へまっしぐらです。