通販に対する固定概念

一人暮らしを始めてから数ヶ月後たったある日のことでした。その頃の私は、食生活がだいぶ破綻していて自分でも「このままではマズイな」と感じていました。実家の母と話をしていると、ふとご飯と味噌汁が食べたくなってきました。私の家の周りには、スーパーなど大きな店がなかったために食生活が破綻していたのですが、何気なくネット見ていると通販でも味噌汁が購入できることを知りました。どうせ買うならばまとめて買ってしまえ、と通販で購入しました。家に常に味噌汁のストックがあれば、めんどくさがりな私でも自然と味噌汁を飲むようになり、味噌汁に入れる具材などもそのうち買うようになりました。おかげでそこそこまともな食生活が送れるようになりました。

「通販でも味噌汁が購入できるのか」ということを知ったのは、友人が引っ越しをして「食料品はどこで買うのか」という話をすることになってからのことでした。食料品はスーパーやコンビニなどで買うものという固定概念を持っていた私としては、とても驚きました。ただ話を聞いていると、最近の通販は進化しているようで、だいぶ便利になっているようでした。一人暮らしをして日々働いているような人にとっては、通販などのサービスはありがたいもののようでした。休みの日にまとめて買いに行く、というやり方は、いまの時代ではもう古いものなのかもしれません。友人の話を聞いていて、そう思いました。通販もうまく使えば、味噌汁などの家庭の味を簡単に再現できるのはありがたいですね。
世田谷自然食品とアマノフーズの味噌汁はどちらがおすすめ?